富士青龍水

ウォーターサーバーおすすめ比較ランキング

富士青龍水(バナジウム含有量がスゴイ!)

読了までの目安時間:約 2分

富士青龍水

株式会社ダイキチのウォーターサーバーでは、地下200メートルからくみ上げられた天然水である富士青龍水を楽しむことができます。バナジウム含有量が91マイクログラムととても豊富なんですよ。

 

他社で使われている富士山麓の天然水と比べても、富士青龍水のバナジウム含有量は高く、群を抜いています。

 

富士青龍水

 

 

標高920メートルの高地にある採水場よりくみ上げているお水で、水質汚染の可能性が極めて低いとされています。雪解け水や雨水がゆっくりと玄武岩層を通って濾過された、弱アルカリ性の天然水なのです。

 

富士青龍水は、加熱殺菌を行っていません。飲料水は保健所が定める安全基準をクリアしないといけないので、加熱殺菌処理を行うのが一般的です。しかし、富士青龍水は原水の状態でも安全基準をクリアしているために、そのままの状態で販売することができるのです。

 

むしろ加熱殺菌を行うことで、品質が悪くなってしまいます。大自然によって育まれたために、そのままでも安全でおいしいお水となっているのです。

 

もちろん品質管理も徹底されていますので、安心ですよ。ボトリングのための設備は、病院のクリーンルームと同等のレベルで、30センチの空気の立方体の中に雑菌が100個以下という状態です。通常の生活空間では数百万個もの雑菌があるとされているのです。

 

水質検査は30分に1回行われるほど厳重で、ボトルは中身が減ると自然に縮んでいくタイプですので、中に空気が入りにくく、いつでも新鮮なままのお水を飲めます。

 

富士青龍水

 

↓富士青龍水のお申込みはこちらから

 

富士青龍水

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報