軟水の効果

ウォーターサーバーおすすめ比較ランキング

軟水の効果(メリット・デメリットは?)

読了までの目安時間:約 2分

軟水

日本では、水1000ミリリットル中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量が100ミリグラム以下の物が軟水だと言われています。

 

硬水と比べると軟水には不純物が少ないということなんですね。 軟水の効果は、入浴の際に感じることができます。日本の水道水は諸外国に比べると軟水です。

 

★軟水のメリット

軟水で髪を洗うと柔らかくしなやかになり、肌もつっぱりにくいそう。毛穴も目立たなくなるのだとか。しかし硬水で洗うと髪が抜けやすくなってしまうので、外国で長期間生活をしていたら髪が抜けた、肌が荒れたという場合は水が原因かもしれませんね。

 

 

口にする際にも、軟水の効果を期待することができますよ。ご飯を炊くには硬水より軟水が向いているのです。硬水ではお米の周りにカルシウムの膜ができてしまい、パサパサになります。しかし軟水ならしっかりと水分を吸収してお米が柔らかくなるので、ふっくらと炊きあがるのです。

 

また、軟水は粒子が細かいので細胞が吸収しやすいです。超軟水を飲むことで細胞の水分量がアップするので肌がプルプルになり、さらにはデトックス効果も期待できるのだとか。 メリットが多そうな軟水ですが、もちろんデメリットもあります。

 

 

★軟水のデメリット

たとえばコーヒーを入れるときに使用すると、味を損なうとも言われています。しかしそこは好みもありますので、一概には言えません。 もし軟水を軟水器を使って飲む場合は、心臓疾患の発生率が高まると言われています。

 

水中にナトリウムを加えることが原因です。硬水よりも発生率が高くなってしまう恐れがあるそうです。しかし、ウォーターサーバーの軟水ならナトリウムをきちんと取り除ている物も多いです。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報