ワンウェイ方式 リターナブル方式

ウォーターサーバーおすすめ比較ランキング

ワンウェイ方式とリターナブル方式の違い(ウォーターサーバーのボトル回収方法)

読了までの目安時間:約 3分

ウォーターサーバーの人気が昨今では高まっていますが、ワンウェイ方式とリターナブル方式という2種類の方式が主流になっています。

 

そもそもこの方式の違いはなんなのか、ウォーターサーバーを申し込む前に知っておきたいですよね。

 

★ワンウェイ方式

まずワンウェイ方式ですが、これはボトルが使い切りタイプのものを指します。お水を飲み終わった後、ボトルを自分で捨てるのです。

 

多くのワンウェイ方式のボトルは、お水が減っていくごとにボトルがつぶれていき、最後にはすっかりぺしゃんこになります。これは、中に空気が入らないようにしているからなんです。

 

お水の中に空気が入ってしまうと、それだけ鮮度が失われてしまいますし、雑菌が入るおそれもあります。しかし、ボトルがつぶれることでお水が空気に触れないため、いつでも新鮮なまま飲むことができるのです。

 

つぶれたボトルは捨てるのに便利ですし、資源ごみとして出せるのでリサイクルができ環境にも優しいのです。

 

 

 

★リターナブル方式
一方リターナブル方式は、従来のウォーターサーバーに多いタイプです。ワンウェイ方式と違い、こちらはボトルを再利用します。つまり、返却する必要があるのです。新しいお水が宅配されてくるまで空のボトルを自宅で保管しないといけないので、場所も必要です。

 

リターナブル方式よりワンウェイ方式の方が良さそうに思えてしまいますが、実はワンウェイ方式は、雑菌がたまらないのでメンテナンスが不要とされています。

 

数年ごとにサーバーを無料交換してくれる会社が多いですが、数年間そのままなんて、本当に衛生的なのか少し不安になりますよね。

 

 

リターナブル方式の場合は料金にメンテナンス代が含まれていることが多く、定期的にメンテナンスをしてもらえるので、安心です。

 

フレシャス

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報